« 問題の種を持っている人 | メイン | 奇跡の合宿発売 »

自主活性型と見える化

自主活性型組織を完成に近づけていく段階で「見える化」は必要です。自主活性が進むにつれてスタッフに権限委譲をします。最終的には、経営者3:7スタッフ、の割合で権限を委譲していくのですが、権限委譲を進める中で経営者に現場離れ現象が起きてきます。それは「見える化」をしないといけない時期で、そのまま現場から遠ざかり過ぎると「結果主義」に陥り売上だけで判断してしまうダメ経営者になってします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/1005

About

2014年09月01日 20:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「問題の種を持っている人」です。

次の投稿は「奇跡の合宿発売」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。