« いとー家のトイレの言葉 | メイン | 偏りを無くす »

3日間の断食をしました。

201407.JPG 昨日まで、三日間断食を「琵琶湖」でしてきました。初心者の方が半分くらいで、合計19名。長い人は7日間、短い人は1日断食。ボクは毎年二回、夏と冬に3日間〜27日間まで自分の体調や経済状態、休みの取れ方に合わせて断食をします。北川八郎先生に断食の仕方を教わり、もう初めて15年くらいになりますが毎年するようにしています。理由は始めたころはどちらかというとダイエットが目的でしたが、最近は、慢心(思い上がり)を防ぐためです。人は知らず知らずのうちに贅沢になり、また周りの人たちや環境に感謝を忘れて、自分自身の思いどうりにならないことがあると不平不満を持ち何か自分が正しい人出るがごとく人を攻撃してしまったり、ストレスを感じてしまったり、愚痴をこぼしたりします。そのことがもうすでに慢心だと思います。三日間断食の場合、三日間、水かお茶、よほどしんどい時はレモン水を飲みます。そして四日目の朝に「お粥と梅干」を食べます。そのお粥を食べる前の気持ちが格別で、心から「ありがとうございます」という気持ちになり「いただきます」といって食べると、涙がこぼれるほど美味しいものです。「あ〜ありがたい」と心から思えます。しかしそれも半年ほど普通の生活をすると忘れてしまうのでボクは半年に一度断食をして心を正常にもどづことにしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/1001

About

2014年07月06日 18:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「いとー家のトイレの言葉」です。

次の投稿は「偏りを無くす」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。