« 植民地支配 | メイン | 「薬」集めでは感動を頂きました! »

「薬」集めのボランティアは中止

本日、大阪府庁薬務課から電話があり、今回のフィリピン支援の活動で、薬を他人にあげるのは薬事法に触れるので辞めてほしい、ということでした。 ボクは正直に担当の方に、「フィリピンの貧しい村の子供達は、薬一粒で助かる命がある。」 「我々の豊かな日本の国では考えられない状況がある。」ということを話しました。 担当の方も良い方で、「ウッディのブログも読ませてもらいました。」「これまでの活動も理解しています」「そのお気持ちはよく分かりますが、法律で決まっていること、とこうして 府庁に言って来た人がある限り府庁としても動かざるをえません。」ということです。 したがって、残念なことですが、フィリピン支援の薬集めは中止し募金一本で活動をお願いします。今回、ウッディの代表メンバーでフィリピンに行った僕たちは、その現実を目の当たりにしているので、何とかしてあの子供たちを救いたいという気持ちは変わりません。命を軽く見られている人達を何とか救いたいので引き続き、みなさんのご協力をお願いします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/997

About

2014年05月08日 21:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「植民地支配」です。

次の投稿は「「薬」集めでは感動を頂きました!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。