« 2013年05月 | メイン | 2013年07月 »

2013年06月 アーカイブ

2013年06月08日

宮司のお通夜は6月3日でした。

平和ボケ

日本は本当に平和ボケですね。中国。台湾、韓国、ロシア、アメリカ、外交で負けてばかりの感じがするのと、マスコミがアホなのか、コントロールされているのか内輪で足の引っ張り合いばかりです。憲法は改正した方が良いと思います。

2013年06月21日

この本は読んだ方がいい

IMG_4324.jpg 「海賊と言われた男」 「日本人の誇り」 この2冊を読めば、戦後日本がいかにアメリカに統制されていたのか、アメリカの利益のための奴隷国家に成り下がっていたのかが分かり、その辺りの害が今に及んでいるということがよく分かります。 なぜ、先生とタメクチになったのか。なぜ、親を尊敬しなくなったのか、ということがよく分かりました。 先生のレベルが下がっているから生徒のレベルが下がる。経営者のレベルが下がっているからスタッフのレベルが下がる。 勘違いしないでくださいね。 生徒の次元、サロンで言うとスタッフの次元でのレベルアップには「量から質への転嫁」すなわち努力の量から能力の質への転嫁が必ずありますが、先生や経営者、あるいは人の上に立つ立場の幹部の場合は、勉強の量だけではありません。質すなわち、「人格の向上」があります。上に立つ立場の人間の人格の向上無くして、サロンの中味が善くなることはあり得ません。たまに反面教師的にスタッフが善くなるサロンがありますが、その場合、その善くなったスタッフは後に辞めて行きますね。 勘違いしているんですよね。「優しくする」とか「厳しくする」とかという目先の手法的なもので判断、行動する。だから必ず「行き過ぎ現象」が起こってくる。 その子を善くしてあげる。その子の将来を考えて厳しくしたり、優しくしたり接する。これは教える側に実力が無ければ出来ない事です。

憲法改正

日本は憲法を変えなければ、中国、ロシア、韓国、台湾、近隣諸国にナメられ続けて言いたい放題、政治家が軟弱なのとマスコミが国家の事を考えていないアホだからです。橋下さん、石原さんのような人がもっと出てきた方が国家に活気がでる。今のままだと近隣諸国から言われるがままでしょう。武士道もあったもんじゃない。

2013年06月25日

自分は正しいかどうか

自分が今立っている立場、今の生活、は常に動きつつある。そしてその立ち位置での行いや考えが正しいかどうかは、自分がどれだけ公(おおやけ)な心、考えを持っているかである。100%ではないにしろ、数%でも公な心を持ち、公に捧げる仕事をしているか、ではないかと思う。

社長の器

たった一人の人間のめんどうを最後まで見れない人が会社の社長になるべきでない。まして人を道具扱いしている人は論外。

2013年06月26日

モノゴトが観えるには

他人に雇ってもらう場合、「前歴」や「実績」を問われる。それがなければ以前勤めていた職場よりも報酬が下回る。独立して自分でやるには「実力」と「人脈」がいる。それがなければ苦労する。そんなことも知らずに転職や独立する人が失敗して後悔するのです。人は常に謙虚に努力を重ねる。そうするとそんなことは自然に観えてくるのです。慢心がメガネを曇らせるのです。

About 2013年06月

2013年06月にブログ「心の経営セミナーBlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年05月です。

次のアーカイブは2013年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。