« 悟り | メイン | なんと! »

善き点を見つけられるリーダー

小学校の先生の事を思い出していました。 5〜6年の森西先生は、二年間の中で生徒を叱ったのは、ただ一度だけ、斉藤君が窓から乗り出してふざけていたときだけ。 その時は、ビンタしたが、それ以外は一度も無かった。ボクは1〜2年の先生には可愛がられなかった。3〜4年の先生には憎まれていた。卒業式の時に挨拶に行ったら無視されましたから、小学生の時でも自分が嫌われていたことが分かりました。 ボクは、森西先生の時が一番伸びました。 学校が好きだったから。先生のことも好きだったから。 森西先生は、ボクのような生徒からも善き点を見つけ出してくれました。 ボクは悪かったけど、弱い者いじめはしなかった。いじめられている子がいるとボクの仲間に入れてあげるんです。そうすると、いじめられなくなるから、ボクがケンカに強かったわけではありません。ボクの仲間は悪い奴が多くて、ケンカに強い奴らも多くて、それで、ボクの周りにいるといじめにくくなるのです。それを見つけてくれたのも森西先生。 こんなボクでも善き点を見つけてくれました。ボクの中にある正義を見つけてくれた先生でした。リーダーはこのような人でなければならない。 その子の善き点を見つけ、伸ばしてあげられる人。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/935

About

2012年12月20日 10:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「悟り」です。

次の投稿は「なんと!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。