« 分岐点 | メイン | 5月15日 »

親交を持つ

「親交をもつ」という言葉は立場によって意味の取り方が違うでしょう。政治家などの場合の親交を持つということは利害そのものです。国と国の場合もそうですね。会社同士の場合もそうです。人と人との場合は利害で親交を持つ人は多いですが、そうでない人達も多くいます。特にボクが仕事をしている美容業界の場合の素敵な美容師さん、本当の「美しい」が分かっている美容師さんは違います。その方々の親交を持つは、お互いを高め合うことなのです。学び合うことなのです。ビジネス的な親交ではなく高め合うための親交です。素敵でしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/879

About

2012年05月17日 22:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「分岐点」です。

次の投稿は「5月15日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。