« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月 アーカイブ

2012年04月09日

4月9日は手術の日

IMG_8358.jpg 15年前の今日、ボクは「脊椎腫瘍」の手術をしました。朝8:00から13時間かかった大手術でした。集中治療室でボクが全身麻酔から一瞬目覚めたのが26時だったように思います。首から上は熱があるのですが下は寒くて電気毛布で温めてもらっていました。手術中に出血を防ぐためにドライアイスで体温を下げていたからだということです。脳外科の先生からは、半分は手術しても助からないと言われていたのですが、幸運なことに助かりました。今日はボクが生まれ変わった日です。15年前の今日を境に運命が変わりました。そんな日です。写真の桜は今ボクがいる代々木のオリンピック村です。毎年この日になると手術前に見た桜を思い出します。脳外科の先生からは手術しても半分は死にます。と言われていたので「もう、この世で桜を見るのもこれが最後かもしれない・・・」と思って眺めていたものです。毎年この日が来ると桜を眺めながら「今年も生かされた」と思うのです。

2012年04月10日

転身

IMG_8356.jpg ボクは15年前の今日の日から人生を好転させることにしまして、それから必死でした。「本を書けるように人になりたい」そう考えたのです。今はボクの本を読んで学び、講演を聴き学ぶ人達がたくさんいますが、当時はベットの中で、それも重病の手術直後のベットの中で考えたのです。37歳という年齢で子供が4人、4番目の颯哉くんは生まれて6ヶ月目でした。自分の人生を切り拓く事ができなければ、ボクがこのまま脊椎腫瘍に負けてしまったら家族の人生も悪くなってしまうでしょう。だから必死でした。「なんとか早くよくなりたい」「なんとかしよう」と考えていました。その頃からですね。美容室経営の勉強を真剣に始めたのは。独学であらゆる事を学び続けました。1年間に180冊〜360冊本を読みました。勉強を始めて5年目です。今は髪書房におられる児玉相談役から「美容と経営」を連載しないですか、というお話がありました。それから色々な方々に助けられて本を書き続けています。15年前の今日からボクは「転身」しました。

2012年04月14日

府立病院の桜

IMG_8400.jpg

2012年04月15日

エノがインドネシアから帰ってきました

IMG_8402.jpg ボクの後輩のエノちゃんこと榎本くんがインドネシアから帰ってきました。そして来週、今度はインドへ転勤だそうです。「開拓の仕事」目が輝いていました。人間は成長しているとき輝きますね。ボクも来年はインドに遊びに行きます。

大阪城の桜

IMG_8403.jpg 今日は休日でした。大阪城の桜を見に行ってきました。子供たちも大きくなっているので役に立ちます。ボクの母と嫁の母の車椅子をずっと押してくれていました。優しく育ってくれているので助かります。

2012年04月26日

携帯変えました・

迷惑メールが、1日で270件、今日20年ぶりに携帯をドコモからAUに変えました。いま悪戦苦闘しています・・・・・。

2012年04月27日

アシスタントが退社

今年も各サロンに新人が入ってきましたが、もう辞めて行く人たちが出てきていますね。「思った仕事と違った」「体調が・・・」「親が・・・」「もう少し遊びたい」などなど、まだ1ヶ月も働いていないのにね。でも子供たちだけが悪いんじゃなく、大人が悪いじゃないでしょうか!親・先生のレベルが下がっていますからね。レベルが下がっている証拠は「他のせいにする」ところです。子供たちの心の基礎体力を鍛えてあげていないのです。日本の将来をなんとかしないとね。ボクは来年に向けてアシスタント教育をレベルアップする方法を考えることにしました。

携帯電話

昨日から電話がスマホになりました。メールアドレス変更の一斉メールは息子にやってもらいました。まだうまく使えていませんがここ2〜3日で使えるようになります。

2012年04月29日

「ブレル」ということ

昨年から、おそらく美容業界だけでは無いようですが、人が辞める問題、まぁここ数年に入ってきたスタッフの退社が多いのなんのって、学校教育が乱れている事が顕著に現れています。でまた親がアホですから、子供がやめる問題に助長する形になっていますからタチが悪いですね。自分の子供のことを棚に上げて店が悪いと親が言ってくる始末、本人が言えない時点で「自立」出来ていないうえに親がアホですからどうしようもありませんね。ただサロンもハラが座っていないサロンが多く、そういった問題が出てくると甘くしていくばかりでサロン内が乱れる、今度はやる気になっていた子が辞めていく、結局は経営者次第なんですね。経営者はどのような時代でも従業員の待遇改善を毎年向上するのが役割です。雇った限りは、ただ待遇を良くすることと、甘くすることは別問題です。秩序が無くなる。なぜそのようなことが起こるのかというと、「どんなサロンを創りたいのか」「どんなサロンにだけはなりたくないのか」が不明確だから経営がブレルのです。人生も一緒ですね。それが描けていないと人生がブレル。

About 2012年04月

2012年04月にブログ「心の経営セミナーBlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年03月です。

次のアーカイブは2012年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。