« 最高記録 | メイン | 人の不運の9割は自分の不明による罪である »

スタッフが辞める問題

それにしても昨年は全国的にスタッフがよく辞めました。業績が伸びているサロンも、下がっているサロンも、100時間レッスンして頑張ったサロンでも、平均練習時間20時間以下のゆる〜いサロンも、スタッフが辞めたところが多かったですね。どうやらこれはサロンが厳しいとかゆる〜いとかには関係ないようですね。他の業界でも同じようなのです。学校関係が商売に走り、サロンの入口で求人が条件に走っている。求人誌を見ていると面白い発見があります。「社会保険完備」「週休二日制」「独立支援システム」「給料○○万円保証」「楽して稼げる」。サロンによっては「練習はありません」などと書いているのもありました。他の業界のよく広告を見ているとこういうのがあるでしょう「1年で英検1級合格」「3週間で運転免許が取れる」。なんとよく似ているものだと思いました。広告、コピー、打ち出し、の嘘、過大表現、何を信じていいのか解らないでしょう。こういうものを就職の時に見て業界に入ってきて現実とのギャップに苦しみ去っていく、ゆとり教育で根性がない若者も多くいますが、そんな者は昔もいましたからね。ボクの周りにはけっこう根性のある若者も多くいて元気をくれるメールをくれます。大人も悪い。信じられる大人も少ないのではないのでしょうか。ちょっと過激な意見でしたか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/851

About

2012年01月08日 16:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「最高記録」です。

次の投稿は「人の不運の9割は自分の不明による罪である」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。