« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月 アーカイブ

2011年02月02日

新潟の雪景色

IMG_3933.jpg

本格的に執筆に入りました

IMG_3948.jpg 本格的な執筆に入りました。今のボクは悪い頭をフル回転させて、暗闇の中を手探りで歩くように本のアイデアを探りながら書いています。電話に出ないことやメールの返信をしないことやブログを更新しないこともありますがお許し下さい。スイマセンです。いまのボクの目標は余裕で5冊くらいの本を同時進行で書ける人になることです。現在は1冊書くのにパニックですが・・・。ハハハッ。夢は大きく!

2011年02月08日

直感力

いま、単行本を書いているのですが、次々にアイデアが浮かんできます。昨年末よりもです。そして気づいたことですが、「直感力」にも色々あって断食中などには「フッ思いつくような直感力」が冴えるのですが、いま本を書いていて浮かび上がる直感力は、「一つのモノゴトを考え抜いた時に思いつく直感力」ですね。どちらも共通点は「極限状態」です。

2011年02月13日

今は

今は、単行本を書きながら、BOB5月号を書きながら、ネクストリーダー5月号を書いています。

2011年02月19日

月刊誌

今週、BOB5月号とネクストリーダー5月号を書き終えました。しばらくはレベルアップの単行本に集中します。

おだやか

27日間の断食後、心が穏やかであまり腹が立ちません。断食が終わって50日くらい経ちますが、怒ったのは一回だけです。それも新幹線で文句言って来た奴に言い返しただけです。この穏やかさを維持できるようになりたいですね。心のコントロールできるようになって。

2011年02月20日

信のある人物を目指す

噂話や世間話に左右させられて、本人から聞いたわけでもないのに疑ってしまう。 誰もがよくあることです。これは「人を信じる力」が足りないからです。 それがまだ自分から縁遠いところの本当の世間話なら良いのですが、友達同士や仲のよいグループの仲間や同じサロン内でのスタッフ、 である場合、疑ってしまった自分自身を恥じなければなりません。 仲間を疑ってしまった自分自身の信じる力の少なさを恥じるのです。 噂話で人に疑われるのなら、ボクならその人と永く付き合いたいとは思いません。 余計なことに労力を使うだけ疲れるからです。 時間の無駄だからです。 だから自分自身だけは噂話で人を疑うような人間にはならないように努力しようと思います。誰もがよくあることですが一度過ちに気づいたら次からは信のある人になれるように努力をしようと思います。 「信のある人物を目指す」

2011年02月21日

幸せ

いまの自分は「幸せ」です。その幸せの基準は、々イな仕事が出来ている気の良い仲間と頻繁に逢える9圓たいところへ行けるげ搬欧仲が良いヂ猟瓦スゴク良いλ椶鬚い辰僂て匹瓩峠颪韻・・・数えていけばきりがないくらいいいっぱいあります!だからボクは幸せです!ありがとうございます。

担々麺

今日は青山のビジネスホテルで原稿を書いています。夜ご飯は一人で中華へ、「もういけるかな」と思って担々麺とチャーハンを食べたところ大変な下痢!断食からもう2ヶ月が経つのに・・・。ひどい下痢!もう担々麺を食べれない体になってしまったのかもしれません。(涙)

2011年02月26日

体重

断食の始めは、体重が76キロでした。いまが72キロ、今回の27日間断食の4日目と同じくらいです。いまくらいが一番体調が良いですね。遅寝、早起きが続いてもそんなには疲れないし、体にエネルギーが満ちている感じで、Gパンもワンサイズ小さ目なので。

情報網

全国各地に仲間がいて情報網があるということは大変便利でありがたいことです。ただ常に情報と噂話の区別をするようにしておかなければ、噂で人を疑うjことになります。それは恥ずかしいことですし、心が狭いことなのです。ブレない自分をつくるということは、人の悪い噂話を聞いたときですら、その人に対して自分の気持ちをマイナスにしない心ではないかと思います。真実は自弁自身で確認したことのみ、それのみしか信じちゃいけないと思うのです。そうでなければ、いちいち自分の心が右に左に振れてしんどいだけですからね。まして噂話ばかりを好む人の話には左右されてはならないのでしょう。それは自分の心の弱さに悪魔がつけ込んできている瞬間なのだから。

About 2011年02月

2011年02月にブログ「心の経営セミナーBlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年01月です。

次のアーカイブは2011年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。