« 観世音菩薩 | メイン | 大胆な手を打つ »

「覇気」のさらに上に「皇気」というようなものがあるのではないかと思います。 「覇道」と「王道」の違いですね。 覇道は力による征服であり、政治。 王道は徳による従属の政治。 中国の春秋時代や戦国時代の戦い方です。 気とは、その人や組織が放つ、エネルギーを持つ雰囲気、というか発するもので、前回21日間断食をした時には18日目くらいからは「人の発する気」感じることが出来ました。 覇気は発するもので、皇気は輝き出すもの、といったイメージでしょうか。 目には見えない感じる世界のお話です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/567

About

2010年06月10日 12:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「観世音菩薩」です。

次の投稿は「大胆な手を打つ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。