« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月 アーカイブ

2010年01月01日

心にちょっとしたブレーキを持つ

年末に5日間断食を行い得たことは「心にちょっとしたブレーキを持つ」ということでした。いつもそうなのですが断食後しばらくしてから感じたことが「言葉」や「文字」になって現れてきます。食欲にしろ他の色々な欲望にしろ「まぁこれくらいはいいんじゃない」っていうふうに、ちょっとした事の積み重ねがだんだん重なってきて体に脂肪が溜まってくるような状況になるんですね(何回断食しても余り減りませんが・・・。)断食中に「心が澄んだ感じになる」のはなぜか?と考えていて思ったのですが、心に行きすぎを抑えるブレーキを持った精神状態だからなんですね。欲に打ち克つ心の状態自体が爽やかですがすがしい心を感じさせるのですね。

BAGZY 4 DVD

年を越してしまいましたが今BAGZY 4 のDVDに付ける小冊子の原稿を書いています。今回のDVDはひと言でいうと「BAGZY流成長」を映像に収めたものです。スタイリストデビューでここまでする! というのが映像に収録されていまして美容室必見でしょうね。頑張って解説書きますね。

のんびり

まず一年ぶりでしょうね。こんなにノンビリとした時間を過ごすのは。昼間は一番下の妹一家が来ていまして、夜からは原稿を書くのに文章を考えている日ですが、明日の講演内容を考える必要もなく、慢性的な睡眠不足に悩まされることもありません。サイコーにノンビリした気分です。

2010年01月07日

父親が亡くなりました

昨日の朝、父親が亡くなりました。80歳でもう1ヶ月半くらい前から危篤が続いていたので家族はもう心の準備が出来ていましたのでよかったです。もともと糖尿病だったのですが脳梗塞になり動けなくなってから肺炎が続いていたのです。もう身内だけのお葬式で静かに送ることにしました。

2010年01月09日

お葬式

昨日、お葬式を終わらせてきました。ボクが喪主です。親父が亡くなるまでは肺炎で息が苦しく家族も看病疲れが40日以上続いていたので早く亡くなった方が本人にも家族にも良いと思っていましたが、いざ亡くなるとやはり寂しく、お通夜の日は一人車を走れせてしばらく親父と一緒した繊維関係の仕事の事務所を見に行ったり、親父と過ごした場所や会話の場面が思い出されてきて、お葬式が終わってしまった今は来世以降また親父と縁を持つような生まれ変わりをしようと心に決めました。

2010年01月10日

偉大な事とは

以前人間の真価とは、何になったのか、よりも何を成したのか、の方が偉大だと思っていました。わかりやすく言うと、どんな地位や役職やお金持ちになったか、よりこの世でどういうことをしたのか、ということの方が偉大だと思っていましたが、魂的なレベルで言うと、いかにあったのかの方が偉大だということがわかってきました。すなわち、この世で偉大な事業や革命を成し遂げて大きな仕事をしたことよりも、日々自己の意欲望を抑え何の見返りをも求めず他の為に奔走した人の方が魂的には偉大だということがわかってきました。宮沢賢治の「雨にも負けず…」の世界の方が偉大だということです。

2010年01月14日

大地震

昨日起こりました。大地震についてウッディチキンとして 〜換颪離愁Ε襯瓮ぅ伐餔へ連絡し寄付を集める ■卸遑稿のウッディ関西の総会にてさらに寄付を募り2月12日締め切りの赤十字の寄付に送る 3月のウッディ岡山でもさらに寄付を集めて次の寄付を送る ということの連絡がありました! なんと素早い対応なのでしょうか! 惚れ惚れする仲間の皆さんたちです!!

2010年01月18日

高杉晋作

ファイバーズームの井上さんと一緒に山口SARAの小林さんのお誘いで明治維新の高杉晋作の史跡めぐりをしてきました。高杉晋作がたった80人で挙兵した功山寺、長州藩が四カ国艦隊に砲撃された下関の砲台、東行庵、最後は西郷隆盛や桂小五郎、伊藤博文などと会合を重ねた松田旅館でふぐ料理を食べて美容業界の教育問題を語り合い解散しました。そして三人で「歴史に学ぶ会」を発足することにしました。

About 2010年01月

2010年01月にブログ「心の経営セミナーBlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。