« 100キロウォーク | メイン | 2010年 »

インフルエンザのワクチンの恐怖

…三重県の蛯原さんからの情報〓転送します。m(_ _)m〓〓〓 >インフルエンザのワクチン接種が始まりました。私は一度も摂取した事はありませんが、今回、このワクチン接種に関しては、とても疑問に思うことがありました。それは妊婦さんに接種を勧めていることです。変に思いませんでしたか?妊婦さんは「風邪をひいても、風邪薬は飲んではいけない。と にかくお腹の赤ちゃんのためには、薬物は一切だめ」というのが、常識だったように思います。どうして、今回は妊婦さんが摂取していいのだろう?これがず〜っと私の頭の中で、「?」を発し続けていました。やっとその答えをゲットしました。医療現場とマスコミの情報とのギャップを2名の医師が実名入りで暴露している動画を、情報として送って下さった方がいたのです。大阪赤十字病院小児科医師 山本英彦氏と元国立公衆衛生院疫学部感染症室長 医師 母里啓子(もりひろこ)氏のお二人。勇気ある発言に感謝です。新型ワクチン接種は、医療機関内における副作用の人体実験であること、ドクターが集まって相談しているのは「どう宣伝したら国民は打ってくれるか」であ る >こと、インフルエンザのワクチンが一番いらないワクチンであること、季節性インフルエンザのワクチンだけでも、世界中のタミフルの70%を消費している日本の市場は、外国の製薬会社のターゲットになっていることなどが語られています。全ての内容を記録して、文書にてお読みいただけるようにしました。パソコンのアドレスがある方には、送信してあります。ぜひご一読下さい。 >又、http://www.youtube.com/watch?v=vP2Jv83WX-w にアクセスしていただけば、ユーチューブの動画で直接お聞きいただけます。また、もう1つ、小児科医で有名な毛利子来先生も、別サイトで発言しておられます。同じような内容ですが、どんなワクチンでも人為的な加工を加えたウィルスや細菌をいきなり体内に入れるのだから、人体に備わっている自然の免疫系が撹乱される恐れがあるということや、ワクチンに含まれるいろんな薬物も指摘しておられます。防腐剤として抗生物質が、安定剤としてゼラチンが、さらに恐ろしいことに、チメロサールという水銀製剤が入っているそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/480

About

2009年11月07日 13:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「100キロウォーク」です。

次の投稿は「2010年」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。