« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

2009年09月 アーカイブ

2009年09月03日

編集委員会

今年の12月創刊で髪書房さんから新雑誌が発売されます!今日はその第一回編集委員会がありまして、メンバーが井上和秀さん、大橋雅旺さん、大林博之さん、柿本栄三さん、久保華図八さん、小林治さん、白坂春光さん、中西一也さん、本田義久さん、由藤秀樹さん、あと今回は欠席ですが古賀正徳さん、増成進さん、というメンバーで来年に向けて雑誌とセミナーとDVDという多面的に業界を背負う次期リーダー育成について語り合ったものを発信していきます。スゴイですね!一応ボクもメンバーの端くれでスゴクはないですが参加しています。勉強になりました。

2009年09月04日

弱さ

心の弱さは、考え方の甘さと関係がある

倫理感覚と仕事の質

例えば仕事で公園の掃除やビルの掃除をしているおじちゃんおばちゃんは結構いるが高級ホテルの部屋掃除をしているスタッフでラジオを聞きながらしている人はいない。見られているかどうかではなく、仕事には時間や量とは別に質があり質の高い仕事をする人の倫理観は高い。

2009年09月06日

髪書房さん合宿

昨日はボクの本を出して頂いている髪書房さんの合宿でした。髪書房さんはボクの一冊目の「全員参加!心の経営」を出して頂いた後すぐに、「こういう全員参加の本を出している会社自信が合宿をしていないのは良くない」と言われてその年から全員参加型の自主活性型組織に変えられて合宿を始められました。「知行合一」言っている事と行動が一緒という、まことに見事な社風です。こういう会社が発行する本はやはり一本筋が通っていますね。

おやじ

二日前に親父がまた倒れました。39度熱が出て風邪だたようですが二日前は医者に行くと新型インフルエンザの疑いがあると、最近何でも新型インフルエンザにしてしまう風潮もどうかと思いますが・・・。まぁそんなことはどうでもいいですが結局おやじは糖尿病で弱っていまして、なのでちょっとしたことで倒れてしまうのです。倒れたのは今年3回目、ボクがいつも家にいないので家内がその度におやじを車イスに乗せておやじを病院へ連れていいてくれます。そしてその家内の手助けを20歳になった長女が助けてくれています。子供達もそれぞれに大きくなって役に立ちホント子供が四人いて良かったと思います。子供達が小さい頃は大変で大変でしたが、「苦あれば楽あり」ですね。

2009年09月08日

勝ちグセ

勝ちグセをつけるためには当たり前のことですが「勝ちに行かなければならない」と思うのです。その為にはあと一歩のところでの最後のツメの粘りというか努力が必要。ところがそれは一度勝ってからの勝ちグセで、その一度勝つためには中途半端な努力ではダメですね。とことんヤリキル、誰もがそりゃスゴイと思うくらいの勝ち方を最初にしてその後の勝ちグセは、最後のツメや粘りで十分ですがますは圧倒的な勝ち方をすることですね。色々なサロンに関わっていてボクが感じることですがほとんどの方々はちょっと頑張っただけでやれてると思ってしまったり、ちょっと調子が出てきただけで努力を止めてしまう場合が多いのです。大切なのは圧倒的ということだと思います。

2009年09月21日

無償で助けて下さった方々

人間弱い立場の時には周りの人達の心根が身に沁みますね。ボク自身で言うと、「大病をした時」「会社を辞めてどうしようかと悩んでいた時」「独立して会社を立ち上げたばかりの時」…などなどです。そういう相手が弱い立場の時に無償で助けられる人は善人ですね。ボクはそういった方々の恩を大切にしたいし、また、そんな事が出来るだけの力を持てる人になりたいと思っています。利益よりも恩や人情をえらべるほどの力は蓄える必要はあると思います。存分に善行ができる条件の一つですね。

2009年09月24日

金光高校吹奏楽部、全国大会出場

ウチの息子はいま大阪金光高校の吹奏楽部の2年生です。ボクはこの連休幸いな事に3連休を取ることが出来たのですが、その3連休は息子の部活の送り迎えでつぶれてしまいました。それは23日に全国大会がありその練習のために父兄が交代で子供達の送り迎えをしているのです。親も大変だと思うでしょうが子供達はもっと大変でウチの子などは学校から家が遠いので朝は5時30分に出て帰ってくるのは22時です。それほど頑張っている部活で昨日関西大会に残り全国大会に出場することになりました。金光高校としては初めてらしく部活の仲間のみなさんも大喜びです。より上を目指し頑張るってことはいいことですね。ボクも嬉しいです!

2009年09月29日

北海道

土曜日に札幌に着き驚きました!なんと半パンTシャツはボクだけ、マフラーをしている人もいます。大阪を出た時の気温は29度、こちらに着いて夜は4度、日本も広いもんだなと思います。その後、札幌・旭川・北見と北海道を横断し今千歳に戻ってきました。四日間の内ラーメンを二度食べて明日早朝の便で大阪に戻り洗濯物を入れ替えて、今度は広島・熊本・福岡です。

値引き合戦

美容室の値引き合戦が少し落ち着き気味になって来たと思っていたら最近はディラーさんの値引き合戦、いつまでこの泥沼の競争、足の引っ張り合いが続くのか、ボクは21年間メーカーに勤めていたので分かりますが過度の値引きを求めるということはフォローしてもらうことを放棄することです。そうでしょう。交通費になる利益すら出ない店に誰が行く気がするでしょうか、人を生かす経営をする人の店には一流が集まってきます。そして一流の情報が手に入るのです。それを値引きも欲しい一流の情報も欲しいなんてのは無理ですね。簡単な事、その経営者の価値観に見合った人たちが周りに集まって来るのです。損得を求める人の周りには損得基準の人が、利より信を大切にする人の周りには絆の強さを求める人が自然と集まって来るのです。それが波長が合うということです。

資料

色々なサロンに訪問した時に資料を見せらえます。数字データの資料ですが、たくさんのページを使ってるのに内容が訳わからない資料の場合は「報告の為の資料」がほとんどで、少ないページ数でも分かりやすい資料は「行動のための資料」です。報告のための資料の特徴は大した事をしていないのにページ数が多いことです。

2009年09月30日

距離感

人間と人間の間には「距離感」があってボクの場合その距離感は人によって違います。相当に近い距離まで近づける人と、かなり距離を置く人とがあり、それは基本的にはボクの好き嫌いの世界ですが昨年の12月号の月刊BOBに「友達コンピテンシー」というのを載せましたが、ソウルメイトには命がけで付き合います。正しいとか間違ってるなんて理論は関係ありません。命がけです。反対に信用しないとなるとそちらも極端ですが遠ざけます。自分が損得基準で考えないようにしているのはその生き方を貫くためですね。

About 2009年09月

2009年09月にブログ「心の経営セミナーBlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年08月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。