« 死生観 | メイン | 6冊目の本 »

したたか

ボクは「したたかさ」というのはリーダーには必要だと思うのです。ただ勘違いしてはいけないのは「したたかさ」とは「駆け引き」をすることとは別モノだと思うのです。「したたかさ」とは複数の手を打つこと。一つの方法だけでいけると踏んでいる時点で隙があるリーダーで、「最悪を避けながら最善に導く」こと、これがしたたかさで、駆け引きをすることやズルイ知恵を巡らせることとは違うと思うのですが・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/428

About

2009年06月11日 21:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「死生観」です。

次の投稿は「6冊目の本」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。