« 「優しさと甘さの違い」 | メイン | 「求道」 »

「続、優しさと甘さ」

自分に厳しさを持たない人の優しさはなぜ甘さになるのかと言えば、無秩序なので乱れやすい、それは列を乱す行列のごとく乱れやすく精神が怠惰な方向に行きやすいのであります。そういった場合の精神というのは寛容の心ではなく、「まぁいいか」の誤魔化しの心になりやすく、その結果、誤魔化しだからその場は良くても永い目で見た時に相手のためにならなかった、ということも起こりうるのであります。結局は誤魔化さずに自分としっかり向き合う他人と向き合うことになるのではないかと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/281

About

2008年09月21日 23:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「優しさと甘さの違い」」です。

次の投稿は「「求道」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。