« クレール早田薫さん | メイン | お金について »

「ハク(吐く)から始める」

2004年10月に独立したときにはお金はあまりありませんでした。 化粧品会社のマンダムという会社にいたのですが退社する7年ほど前に4700万円の中古の一戸建てを買うのに銀行とマンダム共済会から、借りて住宅ローンを組んでいたので、サラリーマンはみなさんそうなんでしょうね。会社を辞める時には「決心」以外にこういう会社に借りているお金も清算しなければ辞められませんね。それで退職金と持ち株を売って手元に残ったお金は20万円でした。幸い、独立してすぐに講演の仕事が少し入っていたので、何とか食べていけるな。と思い半分の10万円をアジアの貧困の子供達に寄付をしました。お金が無いのに困っている人に寄付するというと、「えっ!」と思う人がほとんどかもしれませんが、これは「宇宙の法則」ですから独立する前から決めていました。 もちろんウチの家内にもその事は相談して了解は得ています。 「ハクから始める。」「出さない人には入ってこない。」呼吸と一緒です。ハク、スウ、なんです。ですから事業を始める時はハクから始めようと決めていました。そうすると「宇宙の法則」に乗り必ず成功する事は知っていました。もう一つ決めている事は、死ぬ前にも「ハク」で終わろうと思っています。この肉体すら天に返すのですから、当面遺族が必要な分だけを残して後は天に返します。「ハクで終わる。」のです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/225

About

2008年06月16日 00:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クレール早田薫さん」です。

次の投稿は「お金について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。