« 狭い世界 | メイン | 続・ ウッディチキン »

人間の欲望がくりかえす殺戮

人類の発達というのはまだ中途半端なんでしょうね。人も地球の一部で自然から生まれて他の動物たちと同じだということにいまだに気づかないでいる。同じ自然から生まれ出でた生命である牛や豚や鳥や馬や動物を殺してなんとも思わずに食べて平気でいる。 自分の欲望のために人を殺したり暴行したりする事件が新聞にあいついで掲載されているが、もし動物の立場の新聞があったとしたら人間はもっとも凶暴で残忍な生物として毎日掲載されるでしょうね。 自分の食欲という欲望のために殺戮した生命の数は計りえない数値になるほどですからね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/221

About

2008年06月03日 17:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「狭い世界」です。

次の投稿は「続・ ウッディチキン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。