« 個人と公人 | メイン | 狭い世界 »

中国の地震

中国四川大地震ではもう5万人の人が亡くなっているという、それでも中国政府は外国の救援を拒む体制を表面上だけでしかしないという、人命よりも保身、官僚機構が行き過ぎると国民は命ある人格ではなくモノにちかづくのだろうか、巨大権力を持った人には支配されるモノに見えてくるのだろうか、このことを神の国から見ればなんと見るのだろうか 利己の欲望と保身、このことが人間をおかしくし正常な物事の見方ができなくなるのだろうか、人類の発達とはこのようなことではないはずなのに、何故助けの手を拒むのか。 結局はいくら科学技術が発達しても生き物の命を尊重しない文明はレベルが低い文明ではないでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/218

About

2008年05月31日 10:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「個人と公人」です。

次の投稿は「狭い世界」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。