« 完歩後の足の状態 | メイン | ラポットカンパニー三周年 »

100キロウオーク完歩しました。

CIMG2190.JPG 僕は11年前に13時間の脊椎腫瘍の大手術をし首の骨が7本の内2本無く腰の骨を首に移植し金属で留めています。この11年何度も運動をしてみるのですがその度に首の具合がおかしくなり極度の頭痛ウに見舞われ運動を断念していましたが昨年から体調が良く自分としてもこの脊椎腫瘍にけじめをつけたかったので昨年から出場しようと考え「七福醸造さん」主催の100キロウオークにでました。ウッディチキンからは20名弱の方々参加。7名が完歩しました。この100キロウオークは想像を絶するキツさで50キロの時点では誰もが足の激痛との戦い「もうやめよう」「もう次でやめよう」と考えながら歩きました。最後まで歩ききれたのは色々な仲間から「雨具を持っていった方がいいですよ」「着替えや靴下の替えを持っていった方がいいですよ」「テ−ピイングを用意したほうがいいですよ」のアドバイスと、ウッディチキンの今の代表を張っているのは自分で、俺がツッパリ切らないで誰がツッパリりきるねん。という根性だけです。歩いた後、足は曲がらず、食事にも行けず、今日は少し楽にはなりましたが、体には相当無茶なことをした感じです。命を懸けたとはこのことですが気分は爽快!今年は「11日断食」につづき、二つ目の「求道」を果たしました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/132

About

2007年10月30日 22:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「完歩後の足の状態」です。

次の投稿は「ラポットカンパニー三周年」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。