« ウッディチキン札幌・パネルディスカッション | メイン | 断食1日目 »

これからの美容業界は

日本の中での美容業界は今大きく変わろうとしています。 ちょっと予測をしてみました。 ,海譴らは、さらにリクルートが大変になります。 ⊆匆駟欷韻貌ってない美容室は社会的地位をなくしていきます。 H容室用薬剤だけでなく、美容室の店販商品も価格破壊がもっと起こります。 と容室の店販商品をターゲットにした商品が次々に発売され化粧品コーナー、ドラッグストアー、ディスカウントショップに並びます。 ノ通業者はメーカーの販売代理店ではなくサロンサポート業務がメイン業務でなければ生き残れなくなります。 θ容室のネットワーク化が進み、そのネットワークも色々な機能を持ったものが登場します。 Ьさなサロンでの独立が増えます。 ┿彖曄価値観ねどの自分磨きの勉強会が盛んになります。 信用が最も大きな価値になります。 健康に関する分野が拡大します。 美容室が環境や社会問題に関する一つの発信場所になります。 世界が長寿国日本を目指し、経営も日本型経営をモデルにします。 部分、部分より大局観ー全体を観れる人が必要になります。 美容と心の関係が研究されるようになります。 業種を越えたプロジェクトが活発に発生します。 解説は、またお逢いしたときにでも

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/80

About

2007年06月10日 15:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ウッディチキン札幌・パネルディスカッション」です。

次の投稿は「断食1日目」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。