« もう春ですね。 | メイン | ウエラマネジメントコングレス2007年 »

執着を放つ生き方を学ぶ

物質文明の只中の今の時代に生きている我々は金銭を得、物を充足する事が幸せだという価値観が当たり前に感じていますが、今から100年後くらいには「持たない生き方」をする人が当たり前のようにかなりあるでしょう。心のことがもっと解明されると「人は何のために生きているのか」ということを真剣に考え研究する人達が必ず出ます。人はハダカで生まれてハダカで死んでいく。その生きている間にどれだけ財産を増やしたかという事より、どれだけ人に喜ばれ感謝されたかを魂は喜び価値を感じる。それが魂の自然な形なら、その生き方に近づいていくんでしょうね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ws.bins.jp/cgi-bin/rapot/mt-tb.cgi/43

About

2007年03月06日 00:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「もう春ですね。」です。

次の投稿は「ウエラマネジメントコングレス2007年」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。